タイムカードのWEB説明書

タイムカードを導入する意味

タイムカードからパソコンでの勤怠管理へ

最近私の勤務先で新しい勤怠管理のシステムが導入されました。今までは昔からありがちな紙ベースのタイムカードで、出社時と退社時に自分のカードを機械に通すタイプのものでした。社員が出勤する時間や退勤する時間のピーク時には並ぶこともあり、また朝時間すれすれの時などは並んでいるうちに遅刻になってしまうこともあったのですが、今度からそれがなくなりました。自席のパソコンにて、操作ができるようになったのです。朝出社したら、自分のパソコン内の専用ソフトを立ち上げてログインすると出社になります。他人による替え玉防止のため、指紋認証にて本人確認をするシステムとなっています。同じソフトを使って、経費の精算や、有給の申請、残業申請・アルバイト社員のシフト管理等色々な業務が行えるようになったので、ずいぶんと効率よく各作業がこなせるようになりました。

タイムカードで時間を管理。

おそらくこの記事をお読みになられている方の中には、外に働きに出かけられていらっしゃる方も大勢いらっしゃることでしょう。私もその一人で、週に5日ほど会社で働いています。今回は、タイムカードに関する記事を書いたので、皆さん参考にしてください。まず、出勤退勤をする際に正確な時間を記録するためにカードを使います。これがお給料を支払われる時の基準になるので大変大事ですよね。やはり、自分で申告するものと違って、出勤退勤時に自分でカードを押すので、信用性が増します。ほとんどの企業でこのような方法をお取りになられているのではないでしょうか。ですので、忘れることなくカードを切る必要がありますよね。そして、このカードの良いところは、誰でも簡単にカードを切ることが出来、それが公平であるということです。これは、働いている者にとって嬉しいことですよね。

タイムカードの利用について

企業で勤怠管理を行う際にタイムカードを使っているというところがあります。利用をすることによって、正しい勤務時間を算出することが出来るようになってきているのです。時刻を押印するタイプのものもありますし、自分で記入をするというタイプのものもあります。企業によって異なってくるものなので、全ての企業で同じというわけではありません。一般企業で就業をしている場合にもあるのですが、アルバイトの場合にはタイムカードを導入している場合が多いです。そのほうが正しい時間の計算をすることが出来るようになっているのです。計算ミスがあってはいけないということもあるので、正しい時間の押印が必要となってくるのです。企業の中には専用のシステムで勤怠管理を行うということも多くなってきており、そのほうが承認もスムーズに行うことができるようになっています。

勤怠管理が出来るネクストタイムカードのサイトに記載ある通り、今ではすっかり当たり前にタイムカードですが、実は結構非効率なやり方と言われています。タイムカードに掛かる経費が意外と馬鹿にならないのがその理由です。タイムカードの購入費、店舗から本社への輸送費。タイムカードの保管費。そして紙からデータに移すさいの人件費です。少なくはなってきていますが未だにタイムカードを使っているところはシステムに乗り換えるだけでかなり経費を抑えることができるようです。

アーカイブ

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし